イームズソフトパッドチェア

イームズ社とは

イームズ社のメインであるイームズアルミナムグループチェアの歴史は、伝説的なデザイナーたちの挑戦からスタートしました。

米国インディアナ州のコロンバスで、カミンズエンジン社の創業者J.アーウィン・ミラー邸を設計していたエーロ・サーリネンとアレキサンダー・ジラードは、屋外用の上質なチェアがほしいと考えました。

そこで、チャールズ&レイ・イームズ夫妻にデザインを依頼したのです。イームズ夫妻はそれを引き受けました。

イームズ夫妻の挑戦

素材の特性を忠実に生かすことで知られるイームズ夫妻は、アルミダイキャストを使用し、シートフレームに合成繊維のメッシュ素材をぴんと張ったチェアをデザインしました。

こうして完成された背もたれと座面のサスペンションは、固いシェルを持った従来の椅子のコンセプトを脱却しながら、高度な技術的成果を達成したのです。

その後のイームズ社

ハーマンミラーは、1958年にイームズ夫妻が手掛けるアルミナムグループチェアの製造を始めました。

1969年、イームズ夫妻は、このオリジナルデザインに、一つ一つ革張りした柔らかなクッションを加えたチェアをデザインし、イームズソフトパッドチェアと名づけました。

このアルミナムグループチェアとソフトパッドチェアは、シンプルなシルエット、革新的な素材使い、そしてサスペンションの快適性により、50年以上もの間、オフィス、家庭を問わず、ハーマンミラーのチェアのなかでも最も人気のある製品の一つであり続けています。

※参考文献
https://www.hermanmiller.com/ja_jp/products/seating/office-chairs/eames-soft-pad-chairs/design-story/

硬さと柔らかさを兼ね備えたソフトパッドシリーズが50年にわたって人気を誇っている秘訣は、当たり前のようにしているデザインと素材への追求。

小ぶりな見た目に加えて、座ったときの安定感があるため、コンパクトに使いやすいオフィスチェアだと思います。1Lineでもレンタル家具のラインナップとして扱っていきたいと考えています。

関連記事

  1. ノルウェーからファルコンチェアが入荷しました

    家具紹介

  2. デセデのスネークソファ

    家具紹介

  3. アイリーン・グレイと1Line

    家具紹介

最近の記事 おすすめ記事
  1. 音楽家の別荘

    2019.09.11

アーカイブ記事

PAGE TOP